CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

 ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □■  /\* 【トルクシステムの"役立つ"メルマガ】--- vol.016
 ■  |○|
 ┃  *\/  更なる安全性を追求!フランジスプレッダーSGシリーズ登場!
 ┃───────────────────────────────────
 ┃トルクシステム株式会社       https://fa-crm.jp/rd/fRcsDQI/-1
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ご無沙汰しています、トルクシステムの北原です。
 弊社のメールマガジンが装いも新たにスタートします!

 今まで同様、みなさまに"役立つ"情報を、より分かりやすく、より楽しく、お伝え出来れば思っています。
 また、月に1回の定期発行となりましたので、ご期待ください。

 // + ++ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
      このメールは、日頃からお世話になっているお客様、
    弊社社員と名刺交換させていただいた方にお送りしています。
       配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。
 + + + ++ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + //


 今回は、フランジの仕切り板の設置、撤去時に役立つツール。
 セキュアーグリップ フランジスプレッダー「SGシリーズ」の紹介です。


  ↓

 フランジの仕切り板を脱着する際、当然ながらフランジ面間を拡げ、
 その状態をキープしなくてはなりません。


 まず面間を拡げるためには、
 矢やクサビ型の工具などが入る、ある程度の隙間が必要です。
 たとえ隙間があっても、工具が仕切り板に当たってしまっては使えません。


 また拡げた状態をキープするには、
 フランジ周囲にチェーンブロックなどを引っ掛ける柱や梁などが必要です。

  ↓

 ご紹介するSGシリーズは、これらの条件に関わらず、
 簡単かつ安全にフランジを拡げてキープすることができるツールです。

  ↓

 まずフランジのボルト穴を利用してツールを固定するので、
 面間の隙間がゼロでも使えます。

 クサビを打ち込む方式ではないので、仕切り板の大きさの影響を受けません。

 ボルト穴が開いたタイプの仕切り板でも大丈夫です。

  ↓


 適合フランジは、ボルト穴径M16以上から可能で、最大M100まで全7種類でカバーします。


 あらためてご紹介する「SGシリーズフランジスプレッダー」。
 デモ機の用意がありますので、ぜひ一度ご体感下さい。

 【以下のリンク先に紹介チラシを掲載中】 ※ウイルススキャン済PDF
 


 【前回までのメルマガバックナンバーはコチラ】
 http://torque-system.jp/mailnews


 ┌[編集後記]─────────────────────────┐

  突然ですが初めまして!メルマガ担当・広報の五十川です。
  特集のリクエストやご要望がありましたら、是非ご連絡を!

  まだまだアツい今日この頃、
  「1000年に一度のアツさ」は本当だったのかもしれませんね。
  事務所にいると、今日も熱中症の人が~ なんて話を聞きますが、
  熱中症対策…いま一度復習しておきましょう!


   >>> まずは基本
   ○スポーツドリンク(ナトリウムを多く含んだもの!)
   ×水をがぶがぶ飲む

  大事なのは「ナトリウム」、塩分ですね。
  水を飲むだけでは、逆に体内のナトリウム濃度が下がって危険!

   >>> ナトリウム含有量は…
   ポカリスエット   49mg/100ml
   アクエリアス    34mg/100ml
   DAKARA       0mg/100ml   カリウム 47.7mg/100ml
   GREEN DAKARA  40mg/100ml
   経口補水液 OS-1  115mg/100ml


  物によって含有量はマチマチです。ちゃんと選びましょう。
  調子の悪い時はOS-1のような、しっかりしたケアを!
  とはいえ、DAKARAが熱中症対策に悪い訳ではなく、
  足が攣るような症状の時にカリウムが効果的で、
  不足すると熱中症が重傷化しやすいのでそちらも重要なんです。

  考えてやらないとですね、水分補給。
  みなさまもこまめな水分補充を心がけてください!

 └────────────────────────────────┘




 [発行元 トルクシステム株式会社]
 ──────────────────────────────────
  ■■■ Address: 〒474-0027 愛知県大府市追分町5-225
  □■□ Tel: 0120-710-969 (Free!)
  □■□ Web: https://fa-crm.jp/rd/fRcsDQI/-1 (Renewal!)
  □■□ Mail: info@torque-system.jp
 ──────────────────────────────────
 Copyright(C) TORQUESYSTEM All Rights Reserved.