CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

トルクシステムの役立つ情報
共回りストッパー等、新型アクセサリーのご紹介

お世話になっております、トルクシステムの北原です。今回は、高い信頼性を誇るソケットメーカー、スウェーデンのmomento社から新たに発売された油圧レンチを使う際に役立つアクセサリーをいくつかご紹介します。

このメールは日頃からお世話になっているお客様、弊社社員と名刺交換させていただいたお客様、iprosなどの情報サイトでお問い合わせ頂いたお客様、にお送りしています。配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。

まずはボルトの共回りを抑える共回りストッパー(バックアップレンチ)。これまでのものよりたいへん軽量で、落下防止用のマグネットも内蔵されており、使いやすさが大きく向上しています。

他には、センターホール型レンチの使用時、カセットの六角サイズを簡単に変換できるダウンスリーブ。こちらもマグネットが付いており、レンチにピッタリフィットします。

また、上向き作業時にレンチが落下しないよう、ボルトに装着するストッパーナットも、場所によっては重宝します。

いずれの製品も品質に定評あるmomento社で作られていますので、自信を持ってお奨めいたします。価格も安いちょっとしたアクセサリーで作業性や安全性が向上しますので、ぜひお試しください。

上記内容を写真付きでまとめた物が今回の紹介チラシとなります。文面ではイメージが付きにくい物もあると思いますので、ぜひご覧ください。

エディターズノート

まさに「夏!」という気候になってきましたね。まさかのエアコン故障で眠れぬ夜を過ごした広報の五十川です。
海が広かったり大きかったりするイメージは、小さい頃から歌などでお持ちかと思いますが、改めて、どのくらい広くて大きいのかを調べてみました!

◯地球表面の71%は海
そのうち太平洋が30%で、地球上に存在する水の97%が海に存在する。

◯一番深い所はマリアナ海溝で、深さ11km
その場所では地表の1099倍の圧力がかかる。それはつねにジャンボジェット50機に全方向から圧迫されるのと同等。ちなみに平均水深は3.6km程度。

◯海の中にはいろいろ物がある
毎年60億kgのゴミ、10万トンのオイル、1万個のコンテナが海に消え、海底には300万以上の沈没船と30億トンの化学兵器が残り、海水には2000万トンの金が含まれている。

◯海の95%は未開の…地?
5%しか調査されておらず、まだまだ謎が多い。

生活に直接関わってこないイメージの海ですが、実は酸素の70%は海にいる植物性のプランクトンの、光合成によってまかなわれている物なんです。本当にスケールが大きくて、広い、まさに母なる海ですね。

お問い合わせなど

◯ご紹介した製品についてのお問い合わせ・デモ依頼は
[FreeDial] 0120-710-969
[e-mail] info@torque-system.jp
◯その他の商品を見る場合は、webへアクセス!
http://www.torque-system.jp/