CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

 ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □■  /\* 【トルクシステムの"役立つ"メルマガ】--- vol.037
 ■  |○|
 ┃  *\/  新型ナットスプリッターのご紹介
 ┃───────────────────────────────────
 ┃トルクシステム株式会社       https://fa-crm.jp/rd/fRcsDQI/-1
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 お世話になっております、トルクシステムの北原です。
 今回は、固着したナットのボルトを傷付けずに割ることで
 静かな人気を誇る「ナットスプリッター」に新機種が加わりましたのでご紹介します。



【すぐに上記紹介ちらしを見る場合はコチラ】 ※ウイルススキャン済PDF
   http://torque-system.jp/pdf/NS-15TI.pdf

 // + ++ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
      このメールは、日頃からお世話になっているお客様、
    弊社社員と名刺交換させていただいた方にお送りしています。
       配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。
 + + + ++ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + //


 フランジスプレッダーを始めとするフランジ作業工具の専門メーカー、
 英国「Equalizer社」より満を持しての発売です。
 これまでの一般的なナットスプリッターと比べ、
 現場での使いやすさが以下の点においてとても優れています。

  ↓

 油圧式にも関わらず大幅に軽量(20~50%の軽量化)
 全長が短くて持ちやすく、水平にセットしやすいハンドル形状。
 割れたナットの破片が飛び散らないヘッド形状

  ↓

 さらに本体に油圧ポンプを内蔵したタイプ「NS-15TI」は、
 油圧ポンプやホースを用意する必要もなく
 わずか5kgの軽さでM16~M24までのボルトに対応できます。

  ↓

 ラインナップは6種類で最大M100までをカバーします。
 (NS-20以上の機種は年内に順次発売予定)
 これまでの、砲弾のように重いナットスプリッターは過去のものとなるでしょう。

  ↓

 以下のリンク先に紹介チラシを掲載いたしましたので、
 是非こちらをクリックしてご覧ください。






 【以下のリンク先に新ロゴマークのご紹介を掲載中】 ※ウイルススキャン済PDF
 


 【前回までのメルマガバックナンバーはコチラ】
 http://torque-system.jp/mailnews


 ┌[編集後記]─────────────────────────┐

  はじめて[全く声がでなくなる風邪]をひきました!
  体調不良の方が多い気がしますがみなさんは大丈夫ですか?
  風邪歴3週間、広報の五十川です。

  最近通うようになった内科が、
  とても細かに症状の原因や薬の説明をしてくれる先生なんです。
  いろいろ聞いている間に、「そもそも風邪ってなんだろう?」という疑問が…。
  ということで風邪について詳しくなってみました。
  (※医学書によって定義が異なり、また諸説あるので参考程度に!)

  ◯風邪(感冒)とは
  呼吸器系の炎症によるさまざまな症状の総称で「風邪症候群」が正式。
  鼻・口~声帯までの「上気道」に起こる炎症である、
  「上気道炎」の事をさす場合が多い。
  →声帯より奥の気管支は「下気道」といい、その炎症を「気管支炎」、
  さらに奥にある「肺」の炎症が「肺炎」となる。
  炎症部分が奥に広がると名前が変わるわけですね!
  聴診器でこの進行度合いをチェックしているんだとか。

  ◯風邪の原因と治療の基本
  いわゆる風邪を引き起こす原因の9割がウイルスで、
  その種類は200以上!
  特定が困難で、調べているうちに治る事が大半なので、
  「風邪の特効薬」は基本的に存在せず、
  体の免疫力(ウイルスと戦う白血球の動き)を高める事が基本です。

  ◯風邪の症状
  体のだるさ・悪寒からじまり、のどの痛み・鼻水・頭痛・発熱になり、
  下気道(気管支)に炎症が広がれば咳やたんがでます。
  しかしこれはウイルスが悪さをしているわけではありません!
  熱が出るのは、ウイルスは熱に弱いため、
  鼻水や咳などもウイルスを外に排出するため。
  白血球による体の防衛機能が症状となって表れているのです。

  ◯白血球VSウイルス
  白血球がウイルスと戦うと体に負担がかかり、
  頭痛・発熱・だるさ・食欲不振を引き起こします。
  病院で薬を処方してもらう事で、
  これらの体調不良を緩和する事ができますが、
  上記の通り、
  熱でウイルスを倒そうとしているのに解熱剤を飲んだり、
  ウイルスを排出しようとしているのに咳止めを飲んだり、
  症状によっては完治を遅らせる事になるかも。

  ◯気合いでは治りません
  ということで、基本的には自己治癒能力を高めることが一番。
  キツい時に無理すると免疫力が下がって悪化しますし、
  薬飲んだからといって治るわけではありません!
  気合いは暖かくして寝るところに使ってください!

  ◯食べることでもカロリーを消費する
  言われてみれば当たり前ですが、食物からカロリーを摂取する、
  つまり消化する事にもカロリーを使います(食事誘導性熱代謝)

  風邪をひく回数は子どもは年に平均4回以上、大人は2回以上、
  5歳以下の子がいると一家まるごと回数2倍になる、などの統計も。
  「風邪ひくな!」もなかなか難しいので、
  手洗い・うがい+規則正しい生活で重症化をおさえましょう!
  と自分自身にも強く言いたい所です…。


 └────────────────────────────────┘


 ★本メールの配信停止に関しては、下記フォームにて
 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


 [発行元 トルクシステム株式会社]
 ──────────────────────────────────
  ■■■ Address: 〒474-0027 愛知県大府市追分町5-225
  □■□ Tel: 0120-710-969 (Free!)
  □■□ Web: https://fa-crm.jp/rd/fRcsDQI/-1 (Renewal!)
  □■□ Mail: info@torque-system.jp
 ──────────────────────────────────
 Copyright(C) TORQUESYSTEM All Rights Reserved.